ERPシステムをベストプライスで導入する方法

ERP購入ガイド Article 7 Of 10

ERPシステムをベストプライスで導入する方法

ビジネスにおける良い取引は、誰にとっても望ましい事と思います。この記事では、読者の方々が最も低価格でERPシステムを導入する事はお約束はできませんが、この記事を読むことによってプロジェクト進行時に公正な価格で取引できるための手助けとなる事を心がけます。 新しいERPシステムを評価するとき、まずはそのソリューションがあなたの会社のニーズに最適かどうかに焦点をあてるべきです。 しかし、より良い条件で取り決めを行うためには、まず何が「良い条件」なのかを知っておく必要があります。カルソフトでは一流のビジネスコンサルタントによるコンサルティングサービスを行っており、お客様にとって何が最適なソリューションとなるのかを分析するお手伝いを行っております。もちろんコンサルティングサービスを利用せずにご自身でリサーチをしていただくことも可能です。独自のリサーチを行う場合は、Article 3 ERPシステムのコストはいくら?(こちらをクリック)をお読みいただくと、何が公平な価格かを理解することができ、より良い価格や設備のための交渉に役立ちます。

ERPシステムを選択、または評価をどのようにすればよいか?

はじめに、ERPベンダーとプロジェクトの見積もりを作成する際に、詳細の要件定義が決まっていないとERPベンダーはプロジェクトの正確な見積もりを提供することができないということを心に留めておいてください。 詳細の要件定義書には、業務要件、ワークフロープロセス、既存のシステムデザインと理想のシステムデザインが含まれます。 もしあなたが詳細の要件定義書を作成していないとすれば、経験豊富なビジネスコンサルタントが詳細の要件定義分析と定義書の作成を行い、実費精算契約にするか、それとも定額制の契約にしたほうが良いのかをお客様からの情報に基づき判断し、ベンダーに依頼することができます。ひとたびERPプロジェクトが始まると、ERPベンダーが作成した要件定義書によってプロジェクトが動き始め、お客様がレビューと承認を行えるよう、見積もりのアップデートが行われます。 次にERPシステムを評価する準備ができたら次は3から4つのシステムなのかからどのシステムがあなたのニーズにあっているか、また業界で多く使われているかを比較してみることよいでしょう。 (理想的なシステムを審査するためにはarticle2をご参照ください。最適なERPシステムを見つけるために(こちらをクリック)をご参照ください。 ひとまずどのようなソリューションが良いかイメージがつかめたら、3社のベンダーに見積もりを依頼してみましょう。 (これによってシステム導入に成功をもたらす一貫性が生まれます。) ちなみに、ソリューションによっては、ソフトウェアの開発元が直接販売も行なっています。その場合は価格の交渉を行なうこともできます。 この時点で、 (1) 市場適正価格の知識、(2) 同じERPシステムの見積もりを3社から取り寄せることによる価格比較により、かなり競争力の高い価格を得ることができます。 ここからよりコストの最小化をご希望の方は Article 8 ERPプロジェクト –固定価格契約と実費精算契約のどちらが良いの?(こちらをクリック)をご参照ください。

ERPをはじめとしたシステム導入についてのご質問は カルソフトシステムズまで日本語でお気軽にお問い合わせください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *