SAAS ERPソリューションとは?

ERP購入ガイド Article 10 Of 10

ERPのソリューションは、大きく「SaaS」「クラウド」「ホスト」「オンプレミス」に分けられます。

SaaS、クラウド、ホスト、オンプレミス、これらにはどのような違いがあるのか。どのソリューションがあなたにとって最適なソリューションとなるのか、できる限りシンプルに明確化していきましょう。
今回は、さまざまなメリットと対象的に、これらの言葉の定義に焦点を当てていきます。もしあなたがどのソリューションが良いのかをお探しの場合は Article 5:Cloud ERP vs On-Premise ERP – Which Is Better? をご覧下さい。

「クラウド」かそれとも「オンプレミス」か?

クラウドでの構成について

クラウドとういう概念があり「SssS(Software as a Service)」「ホスティングサービス」の2種類の選択肢があります。

  1. SaaS(Software as a Service)とは、これまでパッケージどして導入していたソフトび必要な機能を必要な分だけサービスとして導入できます。
  2. ホスティングサービスとは (ERPシステムをホスティングセンターに設置します) – リース、購入が可能です。
    ホスティングサービスを購入する場合 ハードウェア/ソフトウェアを購入月額料金を支払うことによって、サーバーの自動更新、メンテナンスなどのITサービスを受けることができます。
    ホスティングサービスをリースする場合 ユーザーの数ごとに月額料金を支払い、ハードウェア、ソフトウェア、ITサービスをうけることができます。

オンプレミスでの構成について

オンプレミスサービスは、クラウドコンピューティングやクラウドサービスに対して、企業の業務システムなどで自社で用意した設備でソフトウェアなどを導入・利用することです。(自社運用)

設備の購入 ソフトウェア、ハードウェアそしてITサービスの購入が可能です。
設備のリース プレミスソリューションのリースを選択し、ローンを組むことによってプロジェクト全体のキャッシュフローにSAAS/ホスティングに似た効果をもたらします。

ERPシステムの開発オプション

クラウドベースのERPシステムソリューションの開発オプション

クラウドベースソリューションの特徴として、ソフトウェア、ハードウェア(サーバー等)を社外に設置します。従ってERPアプリケーションはネットワーク外に属します。

SaaS (Software-As-A-Service)

基本的にソフトウェア、ハードウェアを購入する代わりに借りてくるサービスです。

ソフトウェアライセンス ユーザーごとに月額料金を支払いシステムを利用します。
導入サービス たいていの場合、SAASソリューションの基本システムは既にセットアップされていてユーザーはすぐに使用することが可能です。一般のオンプレミスサービスに比べて約2週間の時間短縮が期待できます。
こちらの導入サービスには通常、システム構築のために前払いチャージが発生します。そして、すべてのシステムがセットアップされ、実装された後に定期的な月額料金の支払いが始まります。
年間増価費用 年間のソフトウェアメンテナンス費用はかかりません。しかし、通常2年から3年間の契約を結ぶ必要があります。
月々の追加更新費用 アイテムごとの月々の更新費用はかかりません。しかし、 通常ユーザーごとに課金されいるので、その範囲内でITサービス、サポート、維持にかかる費用を支払っています。(例、サービスパッケージのインストール、ソフトウェアのインストール/アップデート、ハードウェアアップデート、テクニカルサポート等)
ホスティングサービス

ソフトウェアとハードウェアを社外のホスティングセンターに設置しながら遠隔で使用できるサービスです。コンピュータを操作する権利をユーザーごとに与え、月額の課金体制でリースを行っています。

購入 リース
ソフトウェアライセンス ソフトウェア、ハードウェアに対して前払い。 各月でユーザーごとにハードウェア、ソフトウェアに対する更新料を支払い。(例、Microsoft Dynamics GP & Dynamics NAV はSPLA(サービスプロバイダーライセンス契約)* の対象です。
インプリメンテーション ERPインプリメンテーションサービスに対して前払い。 Pay for the ERP implementation services upfront.
年間増価コスト 初年度のソフトウェア維持費を前払い。 年間のメンテナンス費用はかかりませんが、契約時に2、3年の契約を結ぶよう求められます。
月々の追加更新費用 ホスティングサービスとIT関連のシステム管理に対して月々の更新料を支払い。 ホスティングサービスとIT関連のシステム管理に対して月々の更新料を支払い。

*サービスプロバイダーライセンス契約(SPLA)はサービスプロバイダーおよび独立系ベンダーがマイクロソフト製品を使用してエンドユーザーにソフトウェアサービスやホスト型アプリケーションを提供することができるプログラムです。

オンプレミスベースのERPシステムソリューションの開発オプション

ソフトウェアとハードウェア(サーバーなど)を自社に設置。それゆえERPアプリケーションと関連のハードウェアは自社のネットワークインフラストラクチャー内に属します。

購入 Lease It (Not Really Available For The On-Premise Option)
ソフトウェアライセンス ソフトウェア、ハードウェアに対して前払い。 The closest “Lease It” option for an on premise solution would be to get a loan (i.e. from Microsoft financing) to pay for the project. But pretty much everything for an On-Premise solution needs to be purchased.
A loan would simply offer an On-Premise solution a cash-flow that is closer to the cash-flow (i.e. payment terms) of a Cloud or Hosted solution.
インプリメンテーション ERPインプリメンテーションサービスに対して前払い。
年間増価コスト 初年度のソフトウェア維持費を前払い。
月々の追加更新費用 なし (もしアウトソースが必要な場合)ITサービスに対しての支払いが必要

ERP購入ガイド

  1. ERP購入ガイド – メインメニュー
  2. 最適なERPシステムを見つけるために
  3. ERPシステムの導入費用はいくら?
  4. ERPプロジェクトにかかる期間は?
  5. クラウドかオンプレミスERPか?
  6. ERPベンダーの選び方
  7. ERPシステムをベストプライスで導入する方法
  8. ERPプロジェクト –固定価格契約と実費精算契約のどちらが良いの?
  9. ERP価格比較表 Dynamics AX, Dynamics GP and Dynamics NAV
  10. クラウドERPソリューションとは?

ERPをはじめとしたシステム導入についてのご質問は
カルソフトシステムズまで日本語でお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

Call +1-888-838-8422

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *