Microsoft Dynamics 365の評価が高い理由

MicrosoftのDynamics 365は、ERPソフトウェア、Dynamics CRM、およびBIソリューションがすべて1つの洗練されたソフトウェアに統合されたものです。

多くの企業が、Microsoft Dynamicsがビジネスを改善する中で最も効果的で革新的であると言っています。 そして、それは事実です。レビューをご覧ください。

まず初めに、ERPとは何でしょうか。

ERP(Enterprise Resource Planning)は、企業が重要な業務を合理化し、貴重な洞察をもたらすシステムです。 適切な意思決定を行う能力を持つことは、成長している企業としてとても重要です。 ERPはまさにそれを行います。 ERPの実装が成功すれば、意思決定者はより多くの情報に基づいた意思決定をより迅速に、より自信を持って行えるようになります。 そのため、ERPはビジネスの成長に不可欠なツールと見なされています。

マイクロソフトは2つの主要なERPを提供しています。

  1. Microsoft Dynamics 365 for Finance & Operations (D365 FO) – 旧Dynamics AX
  2. Microsoft Dynamics 365 Business Central (D365 BC) – 旧Dynamics NAV

要約:

2019年4月、Microsoftは、オールインワンビジネスプラットフォームであるDynamics NAVをDynamics 365 Business Centralにブランド変更しました。 この新しいダイナミクス製品は、財務、販売、顧客サービスを管理するための単一のエンドツーエンドソリューションを提供します。 また、強力なDynamics AX製品をレガシーのオンプレミスソリューションから純粋なクラウドベースのDynamics 365 Finance&Operationsモデルに移行しました。 両方のソリューションは、Microsoft Cloudとシームレスに統合します。

どちらが適切かを判断するために、Microsoftの両方のERP製品を詳しく見てみましょう。

Microsoft Dynamics 365 for Finance & Operations

Dynamics 365 Finance&Operationsは、企業の各部門の業務を効率化するよう設計されており、通常はエンタープライズエディションERPと見なされます。 D365は、マイクロソフトの最も高度なERPソリューションとして広く認識されており、業界のリーダーであるSAP Business 1およびOracleと競合しています。

使用するメリット:

  • 企業のデータを一元管理
  • 直感的なダッシュボードレポートとデータ分析
  • Office 365統合アプリケーションによる従業員の生産性の最適化
  • PowerAppsやFlowとの統合
  • 動化され合理化されたサプライチェーン
  • 顧客関係管理の向上

Microsoft Dynamics 365 Business Central

オンプレミスまたはオンラインの純粋なクラウドSaaSモデルアプリケーションとして利用できるようになったDynamics 365 Business Centralは、企業がビジネス全体のビジネスオペレーションを管理、自動化、改善するのに役立ちます。 ソリューションを比較する場合、これは、中小規模のビジネスエディションERPとして考えるべきオプションです。

既存のDynamics NAVには、Business Centralに使用されるすべての重要な機能が含まれていますが、機能が追加され、新しいユーザーインターフェイスとなっています。

使用するメリット:

  • 見込み収益に基づいた販売および顧客管理の改善
  • ユーザーフレンドリーなタイムシートにより顧客のプロジェクトを効率的に作成および管理
  • 一般データ保護規則に準拠したデータ保護とサポート
  • 会計、販売、購買、在庫、顧客間の一貫したデータ管理
  • 情報に基づいた簡単な意思決定を可能にするリアルタイムのチャートとグラフ

Dynamics 365 ERPの費用はいくらですか?

コストは、ユーザーの数とビジネスに必要な機能によって異なりますが、次のような内訳を提供できます。

中規模から大規模の組織向けに設計されたソリューションであるD365 FOのコストは、Unified Operationsプランでユーザーあたり月190ドルから、Dynamics 365プラン全体でユーザーあたり月210ドルです。

D365 BCの場合、Essentialsプランではユーザーあたり月額70ドル、Premiumプランではユーザーあたり月額100ドルから費用がかかります。

どのERPが最適ですか?

両方のERPパッケージには多くの機能上の類似点がありますが、重要な違いもあります。 これらのビジネスアプリケーションのどれがビジネスに適しているかを判断する際には、各システムの長所と短所を理解する必要があります。それぞれは、ビジネスの種類によって異なります。

この決定は、一部の人が期待するほど簡単ではありません。そのため、MicrosoftはERPソリューションの専門家と提携することをお勧めしています。 ERPシステムを検討する際には、多くのパートナーから選択できます。 ERPパートナーを選ぶ前に、徹底的な調査を必ず行ってください。 そして、ほんの少しのアドバイスとして、パートナーは(少なくとも)マイクロソフトゴールドスタンダードパートナーとして認められるべきです。 パートナーを見つけるのにサポートが必要な場合は、ガイドをご覧ください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *