Category Archives: ERP

WMSとERPソフトの違いとは?

barcode scanning

新しいビジネス・ソフトウェアをお探しの場合、倉庫管理システム(WMS)や基幹統合(ERP)ソフトウェアという言葉を耳にしたことがあるかもしれません。 ERPにも倉庫管理機能はありますが、全く同じではありません。機能面や自社のニーズに合わせたカスタマイズ性など、WMSの方が優れている部分もあります。 では、WMSとERPソフトの違いは何でしょうか? 倉庫管理システムと基幹業務システムの主な違いは、WMSは他の追加ソフトウェアのサポートが必要なスタンドアローンシステムであり、ERPはオールインワンソリューションであることです。 WMSは、特に 倉庫業務を最適化するために設計されて います。一方、ERPソフトウェアは、ビジネス全体のプロセスを自動化するように設計されています -通常は マーケティングとセールスから在庫、製造、財務、会計、人事、顧客サーブす管理までです。 倉庫管理システムとは? WMSソフトは、倉庫内の在庫量や保管場所を管理するために使用されます。 このタイプのソフトウェアは、通常、バーコードスキャン、オーダーピッキング、出荷/受取などの機能を備えています。 WMSソリューションの追加機能には、以下のようなものがあります。 在庫と非在庫の区別により、在庫数を確認できるほか、在庫のある商品と既存の注文に割り当て済みの商品を分けて表示 仕入れ場所の優先順位や評価を設定することで、より効率的に在庫品をピッキング 棚からカートまでの商品移動のトラッキング クロスドッキング機能により、従業員は商品をしまうことなく、受け取り、出荷、保管 倉庫管理システム(WMS)は、会計、顧客関係管理などのERP機能を持たないスタンドアロン型のシステムが多い。 このことは、お客様のビジネスに必要な機能を追加するために、システムが他のサポートソフトウェアを必要とすることを意味します。 WMSは通常、この問題を解決するためにERPシステムとデータ連携されます。 詳細はこちら 倉庫管理ソリューション 倉庫管理システムのメリット 倉庫管理システム(WMS)は、倉庫の効率と生産性を大幅に向上させることができます。 倉庫の運営に関連する多くの作業を自動化することで、WMSは従業員を顧客サービス、製品開発、マーケティングなどの他の作業に集中させることができます。 さらに、WMSを利用することで在庫量を把握することができるため、在庫切れを防ぎ、お客様が望む商品を確実に手に入れることができます。 倉庫管理システムにはさまざまな種類があるため、自社のビジネスに適したものを選ぶことが重要です。 ここでは、WMSを選択する際に考慮すべきポイントを紹介します。 倉庫の大きさ:小規模な倉庫の場合、より包括的なWMSに付属するオプションが必要ない場合があります。 保管する商品の種類:生鮮品や特殊な取り扱いを必要とする商品を販売する場合、そのようなニーズに対応できるWMSが必要です。 あなたの予算:WMSの価格は、数千ドルから数十万ドル以上まで様々です。 最終的な決断をする前に、必ず下調べをして、価格を比較するようにしましょう。 ITインフラ:WMSには、クラウドベースのものもあれば、自社のサーバーにソフトウェアをインストールする必要があるものもあります。 既存のITインフラと連携できるシステムを選ぶようにしましょう。 あなたのビジネスニーズ:あなたのビジネスにとって最も重要な機能は何かを考え、それを含むシステムを選択するようにしてください。 例えば、リアルタイムのトラッキングが不可欠なビジネスであれば、この機能を提供するシステムを選択することをお勧めします。 ERPシステムとは? ビジネスの世界がより複雑化し、競争が激しくなるにつれ、高度なソフトウェアシステムの必要性が高まっています。 そのひとつがERP(Enterprise Resource Planning)システムである。 ERPシステムは、会計、人事、顧客関係管理、サプライチェーンマネジメントなど、企業運営のあらゆる側面を統合するものです。 ERPの追加機能には、以下のようなものがあります。 精度とアカウンタビリティの向上 共同作業環境 レポーティングの充実 データセキュリティ 長期的なITコストの削減 詳細はこちら エンタープライズリソースプランニングシステム ERP(エンタープライズリソースプランニング)システムのメリット ERPシステムのメリットは、中小企業でも大企業でも数多くあります。 ERPの導入で最もインパクトのあるメリットは、次のとおりです。 ビジネス・オペレーションをリアルタイムに把握 ERPシステムの最も重要な利点の1つは、業務に対するリアルタイムの情報及び高い洞察を企業に提供することです。 […]

Posted in ERP

市場トップクラスのERPソフトウェアの比較

top erp software

ERP(Enterprise Resource Planning)システムは、企業が在庫、製造、財務など、業務のあらゆる側面を管理・調整するために使用されます。 これらの異種システムを1つの合理的なプラットフォームに統合することで、企業は時間とコストを削減し、全体的な効率を向上させることができます。 市場には何十種類ものERPソリューションが存在しますが、そのすべてが同じように作られているわけではありません。 ビジネスに最適なERPソフトウェアを見つけるためには、お客様固有のニーズと目的を考慮することが重要です。 例えば、ある特定の規模や業種の企業向けに設計されたソリューションもあれば、より柔軟性の高いソリューションもあります。 さらに、ソリューションによっては、高価格のものもあります。 しかし、最も高価なソリューションが必ずしも最良のソリューションではないことを忘れてはならない。 このブログの記事では、あなたのビジネスに最適な情報を判断できるように、利用可能な5つのベストERPソリューションを見ていきます。 など、順不同で上位のERPソフトを比較しています。 SAP Oracle Netsuite Microsoft Dynamics Infor Epicor Sage Acumatica Syspro 市場トップクラスのERPソフトウェア #1. SAP ERP SAP S/4HANAには業界固有の機能が含まれており、組み込み型分析、機械学習、ロボティック・プロセス・オートメーションが提供されます。 SAP Business Oneは、中堅・中小企業向けに設計された単一のクラウドソリューションです。 SAPは拡張性があり、財務、製造、CRMなどを含む堅牢な機能セットを提供します。 また、直感的に操作できるユーザーインターフェースや、充実したカスタマーサポートなど、使いやすさにもこだわっています。 しかし、初期設定がやや面倒で、ソフトウェアも高価な部類に入ります。 #2. NetSuite ERP Oracle NetSuiteは、中堅・中小企業向けに充実した機能を提供するクラウドERPソリューションです。 フルカスタマイズが可能で、成長をサポートする設計になっています。 会計から倉庫管理まであらゆるアプリケーションを備え、クラウドを通じて機能を追加購入することで、他のビジネスニーズに合わせて簡単に拡張することができます。 #3. Microsoft Dynamics 365 Microsoft Dynamics 365は、財務、製造、サプライチェーン管理、プロジェクト管理などを含む、クラウドベースのERPソリューションです。 Microsoft D365は、2つのERPソリューションを提供しています。中堅・中小企業向けの「Business Central」と、大企業向けの「Finance and Operations」です。 D365は高価な製品に匹敵する機能を備えており、企業にとって非常に価値のある製品です。 また、Microsoft Dynamics […]

Posted in ERP

ERPを活用した異業種の3つの事例

erp industries

ほとんどの業界で、小規模、中規模、大規模な組織のためのERPソリューションがあります。 現代の組織は、正確なデータで業務を管理し、効率的かつ安全に業務を遂行するための仕組みを必要としています。 今回は、カルソフトがERPシステムの導入を支援した3つの業種の事例を紹介します。 しかし、その前に、ERPとは何か、ERPがビジネスにどのような利益をもたらすかを理解する必要があります。 ERPとは? ERP(Enterprise Resource Planning)ソフトウェアシステムは、企業が日々の活動を監督、カスタマイズ、自動化し、生産性を向上させるために使用されています。 などの機能が含まれます。 財務管理 人的資源 プロジェクトマネジメント 売上高 倉庫管理 サプライチェーン 販売台数 リスクマネジメント 在庫管理 ERPソフトウェアは、異なる部門からの主要な指標と詳細なデータを組み合わせ、データを中央のプラットフォームとすることで、手入力の手間を減らし、ビジネスデータを社内の誰もが見られるようにし、パートナーデータを統合して流動的なオペレーションと透明性を実現します。 続きを読む Dynamics 365のメリット。マイクロソフトのERPを導入する5つのメリット ERPシステムを利用している業界は? さまざまな業種の組織がERPソフトウェアを利用しています。 ERPシステムは、ほぼすべての産業に組み込むことができますが、ERPでより多くの利益を参照してくださいいくつかの産業があります。 ここでは、ERPを利用している業界の事例を紹介します。 製造 流通 プロフェッショナルサービス 建設 産業サービス サービス事業 ヘルスケア 自動車部品 輸送・ロジスティクス メタル/スチール フード&ビバレッジ テレコム/メディア 続きを読む ERPの恩恵を受ける業界 Microsoft DynamicsのERPを導入した企業の3つの実例 ここで、カルソフトが支援した異業種の有名企業3社を紹介しよう。 1.サンリオ – エンターテインメント。キャラクター・ライセンス・出版業界 サンリオは、文房具、ギフト、アクセサリーなどの商品をデザイン・製造している日本の企業です。 サンリオが新しいERPとして Microsoft Dynamics 365 財務・業務 を新しいERPシステムとして採用しました。 同社は、会計機能、他システムとの連携、業務効率の向上を実現するERPソフトウェアが必要だと考え、それまで使用していたレガシーERPからの移行を決定しました。 では、D365の財務・運用は、サンリオにとってどのような効果があったのだろうか。 […]

クラウドERPソリューションとは?

cloud erp

クラウドERPとは、クラウドコンピューティングのプラットフォーム上で動作するERP(Enterprise Resource Planning)ソフトウェアの一種である。 サブスクリプションサービスとして、またはクラウドベースのアプリケーションとして提供することができます。 クラウドベースのERPでは、すべてのソフトウェアとデータがリモートサーバーに保存され、インターネット経由でアクセスできるため、オンプレミスのハードウェアやソフトウェアは必要なく、より柔軟で拡張性の高いものとなっています。 クラウドERPは、インターネットに接続されていれば、どこからでも、どんなデバイスからでも、クラウドベースのアプリケーションにアクセスできる柔軟性をユーザーに提供します。 また、ユーザー間のリアルタイムなコラボレーションや、ビジネスニーズの変化に対応するスケーラビリティも備えており、組織のデータを置き去りにすることなく、安心して利用することができます。 クラウドERPソフトは、通常、会計、在庫、顧客関係管理(CRM)、人事(HR)、サプライチェーン管理(SCM)の各モジュールが含まれています。 クラウドERPシステムは、従来のオンプレミス型ERPシステムと比較して、多くのメリットを提供することから、近年ますます人気が高まっています。 その結果、世界の主要なERPベンダーも、ほぼすべてクラウド化を進めています。 自社に導入するERPを選定する際、従来のERPとクラウドERPの違いを知りたいと思うことがあります。 企業で利用されているクラウドERPは、大きく分けて2種類あります。 それぞれの特徴を見ていきましょう。 タイプ1 – SaaS (Software as a Service) 現在主流となっているSaaS型クラウドERPです。 SaaS型は、ベンダーが提供するクラウドサーバー上のERPソフトウェアをインターネット経由で利用する形態である。 ベンダーが定期的にシステムを更新するため、ユーザーは常に最新バージョンのシステムにアクセスすることができます。 基本的には、ERP、データベースライセンス、サーバーソフトウェア、ハードウェアなどのインフラ環境も含めて、定額または従量課金で月額利用料を支払う。 通常、ユーザー数と機能によって決まる料金を支払う。 タイプ2 – IaaS(Infrastructure as a Service) IaaS型は、SaaSと同様に、企業が既に利用している、あるいは利用しようとしているERPシステムをデータセンター内のクラウドサーバーにインストールし、インターネット経由で利用する形態である。 Iaas型は、ERP、データベースライセンス、OS以外のサーバーソフトウェアなどを購入し、ライセンスを所有しながらERPシステムを利用するのが一般的です。 ソフトウェアなどのコンテンツは自社で管理し、決めたタイミングでバージョンアップを行い、その都度バージョンアップ費用を負担している。 IaaSには、OSやデータベースサーバーのソフトウェアを購入して所有するタイプと、購入せずに月額料金を支払って利用するタイプがある。 クラウドERPの特徴 SaaS型とIaaS型のコストタイプと特徴をまとめると、以下のようになります。 サース ソフトウェアライセンス 利用者数、利用機能に応じて月額料金を支払ってシステムを利用する。 インプリメンテーションサービス 多くの場合、SAAS ERPの主要機能はすでにセットアップされているので、ユーザーはすぐにシステムを利用することができます。 運用するための環境構築が不要なため、一般的なオンプレミス型サービスよりも短期間での導入が可能です。 年間エンハンスメントフィー 年間エンハンスメントフィー無料 IaaS (Infrastructure as a Service) 購入 リース ソフトウェアライセンス ソフトウェア、ハードウェアの購入。 […]

Posted in ERP

ERPコンサルタントを選ぶ際に必要な8つの質問

erp consultant

エンタープライズリソースプランニングシステムをビジネスに導入しようとお考えですか? ERPシステムは、業務を合理化し、部門間のコミュニケーションとコラボレーションを向上させ、ビジネスのパフォーマンスに関するリアルタイムの洞察を提供することができます。 しかし、あなたが飛躍する前に、研究を行い、適切なERPコンサルタントを選択することが重要です。 質問をすることで、ERPシステムがあなたのビジネスのために何ができるのか、そしてそれがあなたにとって適切なソリューションであるかどうかをよりよく理解することができます。 ここでは、最終決定を下す前に、ERPコンサルタントに尋ねるべき8つの質問を紹介します。 ERPシステム導入の経験は? コンサルタントは、ERPシステムの導入経験が豊富であることを確認したいものです。 理想を言えば、さまざまな業種のさまざまな規模の企業に複数のシステムを導入していることが必要です。 このように、彼らは何をやっているかを知っていて、あなたのビジネスの特定のニーズを満たすために彼らのアプローチを適応させることができると確信することができます。 ERPの導入は何件成功させたのですか? 経験豊富なERP導入コンサルタントは、導入時の問題に対処するエキスパートであり、ビジネス上の意思決定を行う必要があるすべての段階を通じてガイダンスを提供します。 ERPコンサルタントは、様々なビジネス規模や業界における様々なソリューションを理解し、経験することが重要です。 あなたのプロジェクトマネジメントのスタイルは? ERPの導入は、複雑で時間のかかるものです。そのため、あなたが納得できるプロジェクト管理スタイルのERPコンサルタントと一緒に仕事をすることが重要です。 ERPコンサルタントの中には、より実践的なアプローチを好む人もいれば、のんびりとしたアプローチを好み、クライアントに主導権を握らせる人もいます。 正解はなく、何を求めているか、何が自分のビジネスにとってより効果的かによって異なります。 料金に含まれるものは何ですか? 契約書にサインする前に、コンサルタントの料金に何が含まれているのか、正確に理解しておきましょう。 例えば、ERPコンサルタントの中には、時間単位で請求する人もいれば、プロジェクト全体に対して定額で請求する人もいます。 また、価格には、出張費やソフトウェアライセンスなど、導入過程で発生する費用も含まれているはずです。 いつでも解約できるのですか? コンサルタントと契約を交わす前に、クライアントとしての権利を明確に理解することが重要です。 解約金や違約金があるかどうかを確認し、関係を早期に終わらせる必要がある場合に何を期待するかを知っておく。 最終的に自分のものになるのでしょうか? 最終製品をどの程度コントロールしたいかによりますが、これはあなたにとって重要な質問かもしれませんし、そうでないかもしれません。 例えば、コンサルタントを通さなくても、必要に応じて変更を加えることができるように、製品の所有権を単独で持ちたいのであれば、それが契約書に規定されていることを確認する。 そうでなければ、自分で変更できないために、将来的にニーズに合わない製品で立ち往生することになるかもしれません。 秘密保持契約は必要ですか? 機密保持を重視する場合は、コンサルタントが秘密保持契約(NDA)を締結してくれることを確認する。 これにより、お客様とコンサルタントの間で共有された情報は機密情報として扱われ、お客様の許可なくプロジェクトチーム以外の人物に共有されることはありません。 他のERPコンサルタントとの違いは何ですか? この問いにコンサルタントがどう答えるか、興味深いところです。 その答えは、このERPコンサルタントが本当に誰なのか、プロとして、そして個人として、クライアントに洞察を与えます。 ERPコンサルティングのスキルや知識を共有するだけでなく、競合他社よりも優れた選択肢であることをアピールすることができるのです。 結論 ERPシステムの導入は、あらゆるビジネスにとって大きな事業となり得ますが、正しく行われれば、それはまた、信じられないほどやりがいのあるものとなります。 ERPのコンサルタントは、適切なソフトウェアの選択から導入まで、さまざまなタスクをサポートします。 潜在的なERPコンサルタントのこれらの質問をすることによって、あなたは成功の可能性を高め、あなたのビジネスは、その可能性を最大限に到達するために真に投資されているパートナーを見つけることを確認することができます。 ERPのスペシャリストがご相談に応じます。 カルソフトシステムズは、カリフォルニア州の大手ERPプロバイダーで、様々な業界での実績があります。 当社はマイクロソフトのゴールドパートナーであり、マイクロソフトのERPソフトウェアに関する豊富な知識を有しています。 プロジェクトはそれぞれ異なりますが、私たちの目標は常に同じです。それは、お客様の効率を高め、収益を向上させることです。 もっと読む ERP導入を成功させるためのヒント ERPを活用した異業種交流の3つの事例 ERPを導入しない場合の隠れたコスト。ERPの導入が待ったなしの理由 ERPの選定に影響を与える3つの要因 Dynamics 365のメリット。マイクロソフトのERPを導入する5つのメリット

Posted in ERP

ERPとCRMソフトウェアの違いとは?

difference between CRM and ERP

ERPとCRMソフトウェアを使用することのメリットは、単に収益性を高めるだけではありません。 顧客管理の向上とすべてのビジネスプロセスの合理化により、請求書発行、会計、支払いなどの事務処理や手作業に費やす時間を削減しようとするあらゆるビジネスにとって究極のソリューションを提供し、競合他社に差をつけることができます! では、ERPとCRMソフトの違いは何でしょうか。 見てみましょう。 ERPとCRMの比較: ERPはビジネスのあらゆる側面を管理し、CRMは顧客との関係を管理することに重点を置いています。 ERPは複雑なプロセスを持つ企業により適しており、CRMはあらゆる規模の企業で利用することができます。 ERPは通常、一箇所に集中して展開されるのに対し、CRMはオンプレミスまたはクラウドで展開される。 ERPは、より多くの機能と特徴を提供するため、CRMよりも高価なソリューションです。 CRMソフトウェアは、顧客関係を管理するための素晴らしいツールですが、それはERPソフトウェアと同じ包括的なソリューションを提供しないことに注意することが重要です。 CRMソフトウェアを使用すると、リードの追跡、オポチュニティの管理、マーケティングキャンペーンの自動化、および取引の締結を迅速に行うことができます。 さらに、CRMは顧客の購買習慣や嗜好に関する貴重な洞察を提供し、営業やマーケティング活動をより適切に調整することができます。 Dynamics 365 ERPには、Dynamics 365 SalesというCRMソフトウェアが統合されています。 CRM & ERPソフトウェアトップ3 市場には多くのCRMやERPソフトウェアがありますが、すべてが同じように作られているわけではありません。 ビジネス用のCRMやERPソフトウェアを選ぶ際には、特定のニーズを満たすものを選択することが重要です。 あなたのビジネスに最適な決定を下すために、ここではトップCRMとERPソフトウェアプログラムの3つを紹介します。 CRMソフトウェアのトップ3: セールスフォース Dynamics 365 for Sales(カスタマーサービス向け) ハブスポット ERPソフトウェアのトップ3: Dynamics 365 エスエイピー オラクル/Netsuite Dynamics 365はCRMと同じなのか? 2016年、Microsoft Dynamics CRMはMicrosoft Dynamics 365に置き換わりました。 Dynamics 365は、これまでDynamics CRMがカバーしていたすべての機能を含んでいますが、CRMとERPの組み合わせでより包括的なソフトウェアとなっています。 Dynamics 365 for Finance and Operations, Enterprise Editionは、すべてのコアビジネスプロセスを1つのシステムで管理することができる堅牢なERPソリューションです。 Dynamics 365 […]

Posted in ERP

ERPがアパレルメーカーの時間とコストを削減する方法

apparel ERP

アパレル業界では、原材料、製品単体、人材管理などのリソースをインデックス化、データベース化するニーズが高まり、ERPの必要性が出てきたのです。 アパレル業界は独自の課題を抱えています。 まず、アパレル業界は競争が激しい。 それだけですでに、企業は市場で目立つ方法を考え、見つけなければならない課題なのです。 次に、衣料品の製造・デザインから、製造された繊維製品の流通・使用まで、すべてのオペレーションが季節性、世界的な需要の変動、オペレーションコスト、気候条件などの影響を受けます。 ファッション、繊維、アパレルビジネスは、生産性とお金の増加を支援する強力なERPシステムを導入した場合、劇的に移行することができます。 アパレル・ファッション業界向けERPソリューション アパレル業界では、衣料品製造工程、需要計画、アパレルデザイン、資材管理、生産、出荷・物流、キャッシュフロー、すべてのコア業務の最適化などにERPが活用されています。 繊維・アパレル業界において、なぜERPシステムが必要なのでしょうか。 ERPソフトウェアは、様々な繊維やアパレル部門の利益を増加させるためのより良いアプローチを提供します。 ERPの製造機能を活用することで、アパレル企業は衣料品を作るために必要な繊維の量を正確に計画し、製造時の繊維の無駄や端材を減らすことができます。 アパレル業界におけるDynamics 365導入のメリット 繊維・アパレル業界は、景気の変動や技術革新、短期的なトレンドにより、常にプレッシャーにさらされています。 Dynamics 365のようなERPであれば、AIやビジネスアナリティクスの機能を展開することで、業界の課題に対応することができます。 Microsoft Dynamics 365 ERP & CRMは、財務状況の把握、サプライチェーンの最適化、企画・製造業務の実行、カスタマーインサイトによる完全なオムニチャネル体験の提供を1つのプラットフォームで実現します。 アパレルビジネスにおいて、新しいERPソリューションを導入するメリットは以下の通りです。 リアルタイムでのデータ精度の向上 手動プロセスの削減によるエラーの削減と効率化 より良い在庫管理 受注から出荷までのサイクルを短縮 プランニングの効率化によるコスト削減 統合された財務による会計管理の改善 クラウドソリューションにより、いつでもどこでもアクセス可能 必要な報告書を簡単に作成することができます。 Dynamics 365 ERPの基本構成要素。 製造管理 販売・物流 在庫管理 生産計画 購買管理 原価計算 品質管理 ファイナンス&コントロ ーリング 人事・給与 リアルタイムトラッキング Dynamics 365は、倉庫、ショップフロア、調達、出荷のリソースをリアルタイムにトラッキングし、レポーティングすることができます。 コスト削減 成長を実感するためには、コスト削減が重要です。 例えば、アパレル企業がERPシステムを利用することで、より効率的なプランニングが可能となり、倉庫スペースが少なくて済むかもしれません。 運用・管理コストを削減し、ビジネスプロセス管理を向上させることができます。 製品データ管理(インベントリーマトリックス) トレンドは常に進化しており、様々なスタイル、色、サイズがあるため、アパレル企業はすべての新しい情報をデータベースに更新することが困難な場合があります。 ERP ソリューションは、自動化によってこのニーズに対応し、ユーザーが色、サイズ、機能、画像、価格、原価を含むスタイルやアイテムをロードして管理できるようにします。 […]

Dynamics 365 ERPが実現するリモートワークの方法

Dynamics 365 リモート

リモートワークとオフィスワークのバランスをどのようにとっていますか?どこにいても、チーム内のコラボレーションとエンゲージメントを促進するにはどうしたらよいでしょうか。また、全従業員の参加や一体感を維持するためにはどうすればよいのでしょうか。企業には、常に最新の情報を入手し、生産性を向上させることができる、より優れたコラボレーション・プラットフォームが必要とされています。 本当に重視すべきは、 さまざまな環境の中で、いかにして従業員の意欲と生産性を維持するかということなのです。 最新のERPシステムの利用は、 従業員がどこにいても、 どのようなデバイスを使用しても、 重要なシステムにアクセスできることが重要です。Dynamics 365は、インターネット接続を介して、遠隔地のスタッフが必要な情報にアクセスし、共有することができる包括的なクラウドERPソリューションです。 1つのプラットフォームで、従業員はAzureのセキュリティにより、異なる部門やチーム内で完全にリモートで作業、コラボレーション、データ共有ができるようになるはずです。 最新のERPシステムを導入することで、どのようにリモートワークを促進することができるのか、ご覧ください。 Dynamics 365 ERPのリモート化 Microsoft Dynamics 365のクラウドERPソリューションが、リモートワーク業務を支援する5つの理由をご紹介します。 1.情報へのリアルタイムアクセス クラウドのおかげで、距離はもはや問題ではありません。 ERPソリューションの使用により、すべてのユーザーが同じソフトウェアにアクセスし、完全なセキュリティを確保することができます。 社員は職場にいなくても、リアルタイムにデータにアクセスできます。 これにより、チームは自宅から通常通り日常業務を継続することができ、日々の業務とのつながりを保つことができます。 2.コミュニケーションの改善 スマートフォンやタブレット端末とうまく連携するERPシステムなら、デスクレスで日常業務をこなすことも容易になります。 Dynamics 365は、単一のポータルからデータにアクセスできるだけでなく、Microsoft Teamsとうまく統合されているため、社員同士やクライアントとチャット、音声通話、ビデオでコミュニケーションすることができます。 3.スピード、精度、生産性の向上 Dynamics 365 ERPでは、部門間で口頭やメールなどのデジタルコミュニケーションで情報をやり取りするのではなく、部門が物理的にその場にいなくても、社内の他のチームの業務をリアルタイムで確認できるため、生産性と効率性を高めることができます。 これにより、チームはより協調的に作業を行い、どこにいても適宜コンテンツを調整することができます。 4.コスト削減 多くの企業では、これまでオフィススペースに費やしていたコストなど、間接費を大幅に削減できることから、従業員のリモートワークを推奨しています。 クラウドERPシステムは、リモートワークを可能にするため、企業はコストを削減し、チームを拡大することができます。 5.データセキュリティ クラウドベースのERPソフトウェアでは、データセキュリティが統合され、継続的に更新されるため、常に保護された状態を保つことができます。 Microsoft Dynamics 365などのERPソフトウェアには、コンプライアンスに対応した設定オプションがあり、そのような組織でも重要な情報を簡単に扱えるようになっています。 特に、複数の拠点で従業員を管理する場合、機密データの漏洩を防ぐことができるため重要です。 結論 リモートワークの選択肢を拡大する企業が増えており、テクノロジーはすべての組織にとってこの長期的な選択肢となることを後押ししています。 クラウドホスティングのERPプラットフォームは、チームがどこにいても、常に効率的で生産性の高い状態を維持できるよう支援します。 お客様の組織は、将来の危機が業務に及ぼす影響を管理し、プロセスを自動化し、効率を高め、準備の文化を浸透させるためのより良い設備を備えることができます。 最新のクラウドERPソリューションを最大限に活用するために、カルソフトにご相談ください。 私たちは、多数の業界向けのERPシステムを製造・販売しているERPのエキスパート集団であり、お客様のリモートワークをサポートする適切なERPシステムの導入や最適化をお手伝いします。

食品・飲料業界向けERPソフトのメリット

食品・飲料業界向けのERP(Enterprise Resource Planning)は、食品会社がより透明性を高め、サプライチェーンにおける効率性と可視性を実現するために役立つソリューションとなります。 食品会社は、販売、購買、会計、財務、生産、物流に至るまで、ビジネスプロセスを管理し、最適化することができます。 原材料の発注、受注処理、レシピの管理・最適化、課金、生産計画など、多岐にわたります。 また、食品メーカー向けERPシステムは、業界の規制を遵守し、製品のトレーサビリティと品質管理を保証するために重要な役割を担っています。 消費者は食品の完全な透明性を期待しており、ERPはこうしたモノやデータの流れを可視化する必要があります。 食品・飲料業界向けシステムでビジネスの成長を加速させる スプレッドシートは、もはや飲食業を管理するための実用的な選択肢ではありません。 Microsoft Dynamics 365では、ビジネスのすべてのコンポーネントを1つのプラットフォームで提供し、食品・飲料業界が日々直面する課題に対応することができます。 食品・飲料業界には、大きく分けて4つの生産上の悩みがあります。 品質管理・改善 トレーサビリティ 在庫の最適化 生産・調達の効率的な計画 企業の規模に関わらず、ERPを利用することで、食品の製造や輸送を計画・改善・文書化し、一貫した管理体制で行うことができます。 Microsoft Dynamics 365は、食品・飲料業界にどのように貢献できるのでしょうか。 食品業界は、食品規制、食材のトレーサビリティ、賞味期限の追跡、レシピ管理など、複雑な問題を抱えています。 Microsoft Dynamics 365は、ビジネスの専門性にかかわらず、企業の目標達成に必要な機能を提供します。 Dynamics 365は、食品ビジネスを次のレベルに引き上げるために必要な洞察、可視性、コントロールを提供し、部門をつなぎます。 製造プロセスの改善 トレーサビリティと在庫の管理を可能にする 生産効率の向上 原材料のムダを省き、生産コストを最小化する。 全工程における食品の品質管理 エンド・ツー・エンドのベンダー/サプライヤー管理の改善 ペーパーワークの削減とヒューマンエラーの排除 リアルタイムデータへのアクセスを提供する 企業全体の可視化とコミュニケーションの促進 業務効率の最適化 販売機会の最大化 結論 ERPシステムの導入は、複数の方法で食品事業に利益をもたらすことができます。それは、製造の無駄を削減し、コミュニケーションを向上させ、より良い計画を可能にし、最終的には、収益性を高めるシステムを提供します。 お客様にとっては、正しい商品を正しい品質で、正しい場所と時間にお届けすることを意味します。 自動化から規制遵守、賞味期限まで、1つの包括的なソリューションでお客様の成長を支援する方法をご紹介します。 Microsoft Dynamics 365についてもっと知りたい方は、こちらをご覧ください。 ERPが食品会社のデジタルトランスフォーメーションにどのように役立つか、当社のERPコンサルタントにご相談ください。 ERP業界についてもっと読む ERPを活用した異業種交流の3つの事例 ERPの恩恵を最も受ける業種 今、あなたの会社にERPソリューションが必要な理由はこれだ

自動車産業を成功に導くテクノロジー

erp for automotive

自動車産業が急速に変化していることは間違いありません。電気自動車が普及し、新しい技術が登場しています。テクノロジーは自動車業界に大きなブレークスルーをもたらし、燃費の良いスマートな車、コネクテッドな車、そして今やドライバーレスな車まで登場しています。 つまり、輸送の未来はこれまでとはまったく違っていて、その変化はビジネスのあり方に大きな影響を及ぼしています。今後、この業界がどのように進化していくのか、楽しみです。  自動車産業において、なぜテクノロジーが重要なのでしょうか?  多くの企業と同様に、自動車会社もビジネスをデジタル化し(例えばデータ、接続性、サイバーセキュリティの面で)、生産性や可視性などの利益を得たいと考えています。自動車産業にとってデジタルトランスフォーメーションは、以下の点で重要です。  お客様のご要望に応え、お客様の体験を向上させる 市場での地位の強化 競争に勝つ  デジタル・トランスフォーメーションは、AI、IoT、データ解析の最新の進歩により、ここ20年で自動車産業において勢いを得ています。デジタルトランスフォーメーションは、企業にとって重要なメリットをもたらします。  デジタル化された新しいサービスやビジネスの立ち上げ  顧客志向の製品設計  サプライチェーンの最適化  生産性向上  品質管理の向上  車載用IoTインテグレーションの実現  インダストリー4.0は、近年の最も重要な技術トレンドである「モノのインターネット」、すなわち物理的なモノやデバイスの相互接続に大きな役割を担っています。  モノのインターネットは、自動車業界を改善するためにいくつかの方法で利用することができます。例えば、販売店では、センサーを使ってお客様の行動や嗜好を追跡することができます。このデータは、販売プロセスのカスタマイズや、よりパーソナライズされた体験の実現に活用されます。さらに、コネクテッドデバイスを使用して、部品の在庫やメンテナンスのスケジュールを合理化することもできます。  続きを読む: What is Industry 4.0?  自動車産業におけるMicrosoft Dynamics 365のインパクト  Dynamics 365 ERP ERPシステムは、さまざまな業界の企業にとって重要ですが、自動車関連企業にとっては特に重要です。自動車部門は、複雑なサプライチェーン、厳格な規制、および競争の風景によって特徴付けられるからです。効果的な自動車用ERPソフトウェアは、自動車業界の企業がこれらの課題を管理し、競合他社に先駆けて滞在するのを助けることができます。  自動車向けERPは、企業がデータとオペレーションをより効果的に管理するのに役立ちます。企業は、重要な情報を追跡し、より良い意思決定を行うためにそれを使用することにより、その効率性と競争力を向上させることができます。ERPシステムは、会計や製造に購買や在庫から、その業務の完全な概要を持つ会社を提供することができます。それはまた、プロセスを合理化し、コストを削減することができます。要するに、ERPシステムは、自動車ビジネスが成長し、成功するために役立つ強力なツールです。  自動車メーカーが先を争う中、効率的なシステムの導入はこれまで以上に重要です。この業界のイノベーションを後押しするツールの1つがDynamics 365です。このクラウドベースのプラットフォームにより、自動車会社はプロセスを合理化し、データに基づいた意思決定を行うことができます。Dynamics 365は、販売とカスタマーサービスの自動化、サプライチェーン管理、車両の予知保全など、カスタマイズ可能なさまざまなオプションを提供しています。Dynamics 365を利用することで、自動車会社は社内のコミュニケーションとコラボレーションを改善し、売上を伸ばし、最終的には業界のイノベーションをリードすることができます。  Dynamics 365 サプライチェーンマネジメント MRP(資材所要量計画)は、生産に必要な資材を確保し、完成品を納品できるようにするための製造計画者向けのツールです。Dynamics 365のMRP機能を利用することで、製造業は以下のようなメリットを得ることができます。 大容量のデータを効率的に処理することが可能 ERPシステムでのマスタープランニングを不要にする リアルタイムに変化する要件 Dynamics 365は、製造と調達のために高度で柔軟な機能を備えています。MRPの概要Dynamics 365 Supply Chain Managementを理解するのに適したセミナー動画は以下のリンクです: The Basics of MRP | December 6, 2019 – […]