Dynamics NAVからDynamics 365 Business Centralへアップグレード

Dynamics NAVはマイクロソフトがPC&C A / Sから買収した2002年以来、世界中の中小企業15万社以上に導入され、グローバル規模でこれまで最も導入企業数が多いERPソフトの1つとして知られています。Dynamics NAVは、基幹業務ソフトとして30年以上の年月をかけて追加変更などが行われてきましたが、2019年3月以降は新規ライセンスの販売は終了し、クラウドソリューションとして生まれ変わったDynamics 365 Business Centralに統合されました。Dynamics 365 BCは、Dynamics NAVの主要機能を全て引き継ぎながらも、マイクロソフトの最新クラウド型ERPとして多くの機能が追加及び強化されました(ブログ内を参照。例:Office 365、Power BIやPower Appなどの連携他)。Dynamics 365 BCは、これまでと同じようにアジア、アメリカ、ヨーロッパなど世界各地での新規導入企業を増やしています。

この記事では、Dynamics 365 BCへアップグレードするためのポイントやメリットなどをできる限り詳しく説明します。

Dynamics NAVとDynamics 365 BCの違い

冒頭に述べたように、Dynamics 365 BCはDynamics NAVの主要機能を継承しながら、多くの機能が追加された最新のERPソフトです。その性質上、Dynamics NAVとDynamics 365 BCは機能面で多くの共通点がありますが、Dynamics NAVとDynamics 365 BCの大きな違いは環境にあります。

Dynamics NAVが最初に開発された時代には、自社のサーバーにソフトウェアをインストールして利用するオンプレ型が主流で、現在主流となりつつあるクラウド型は利用されていませんでした。時代が進み、クラウド型のニーズが高まったところで、マイクロソフトはDynamics 365 BCをクラウド環境で利用できるよう新たに開発しました。

これにより、企業はクラウド型として運用できるだけでなく、ハイブリッドオプション(オンプレとクラウドを組み合わせた形態)での運用も可能となり、企業の規模・要望に合わせて導入することが可能となりました。

Dynamics 365 BCのライセンス

マイクロソフトは、Dynamics 365 BCのライセンス形態に大幅な変更を加えました。既存のDynamics NAVユーザーは、今後もDynamics NAVのライセンスを追加購入し、引き続きDynamics NAVの機能を利用できますが、Dynamics 365 BCが提供する最新のアップデートや追加機能を利用するにはDynamics 365 BCへのアップグレードが必要になります。

ユーザーライセンス

Dynamics 365 BCは、Dynamics NAVが提供していた同時使用ライセンスと異なり、各ユーザーにライセンスが割り当てられます。ライセンスの種類は大きく分けて2種類のフルユーザー(Essentials、Premium)とチームメンバーの合わせて3つのタイプがあります。

Essentialsに含まれるサービス:

  • 財務管理
  • サプライチェーンと在庫管理
  • 販売およびビジネス案件管理(CRM基本機能を含む)
  • プロジェクト管理

Premiumでは、Essentialsに含まれるサービスに加え、主に下の2つの機能が追加されます。

  • サービス管理
  • 製造管理

チームメンバーライセンスは、全ての機能・データへのフルアクセスを必要としないユーザー向けに設計されたユーザーライセンスです。チームメンバーは、主にデータ参照や承認など限定した使い方をするユーザー向けのライセンスになります。

現在のDynamics NAVライセンスと利用している機能によって、Dynamics 365 BCに移行した際に使用するユーザーライセンスの種類が決まります。現在、1つのDynamics NAVライセンス毎に 2つのDynamics 365 BCライセンスが提供されます。(このプロモーションは、2018年10月より前にDynamics NAVライセンスを最初に購入した既存のDynamics NAV顧客にのみ対象です。 )

2018年9月以降にライセンスを購入したDynamics NAVのお客様には、1つのDynamics NAVライセンスに対し1つのDynamics 365 BCライセンスが提供されます。詳細は既存のパートナーを通じてマイクロソフトと確認が必要です。既存のパートナーが詳しくない場合やパートナー変更をされたい場合には、質問だけでも受けていますのでカルソフト(info@calsoft.com)へお気軽にご連絡ください。

新しいサブスクリプションモデル 

Dynamics 365 BCは永久ライセンス(オンプレ型)とサブスクリプションライセンス(月額支払いのクラウド型)の両方があり、どちらかを選ぶことになります。

クラウド型は指名ユーザーのサブスクリプションモデルのため、毎月のコストはユーザーの数に基づいて計算されます。永久(購入)ライセンスの場合、これらは1回限りの費用になりますが、Dynamics NAVと同様にマイクロソフト社のメンテナンスサービスであるエンハンスメントプラン契約が必要となり、永久ライセンスの費用と別に毎年総ライセンスコストの16〜25%の年間支払いがあります。

ハイブリッドオプション

オンプレ型とクラウド型を組み合わせたハイブリッドオプション(自社サーバーを置かない代わりにレンタルサーバーを利用して運用)する場合、ライセンス料金に加えレンタルサーバー料金を支払う必要があります。マイクロソフトはAzureクラウドサーバーを利用するユーザーに割引を提供しています。 

Dynamics 365 BCのバージョンアップグレードは比較的簡単

Dynamics 365 BCの最も優れた新機能の1つは、バージョンアップグレードが比較的簡単なことです。バージョンアップグレードは1年に2回のペースで行われます。

Dynamics 365 BCにはALと呼ばれるプログラミング言語が使わています。AL言語では、サードパーティ(アドオンなどを作る外部開発業者)によって追加されたカスタマイズ機能やアドオン機能のコードは、Dynamics 365 BCの基盤となるコードと分離して管理することが可能となりました。その結果、アップグレード時に煩わしいことが多かったカスタマイズ機能やアドオン機能の影響を受けないため、今までより早く、シンプルな工程でDynamics 365 BCのアップグレードができるようになりました。

一方、Dynamics NAVは今後新しいアップグレードのバージョンは一切リリースされません。マイクロソフトはDynamics NAV 2017・2018の標準サポートは継続して行いますが、これも数年のうちに終了します。これにより、すぐに何らかの問題が発生することは少ないですが、長期的にみるとデータ保全性・パフォーマンス低下・運用負担増加など様々な問題が発生することが考えられます。

Dynamics 365 BCは使い方もとても簡単

Dynamics 365 BCには、Dynamics NAVと多くの共通機能があるため、Dynamics NAVユーザーはすぐに順応することができるでしょう。さらに新しくなった親しみやすいデザイン・カスタマイズや開発が容易・マルチプラットフォーム(タブレット・スマートフォン対応)など、多くの機能が追加され、とても使いやすくなっています。

その他にも、Dynamics 365 BCは以下のような多くの新しい機能を備えています。

  • クロス検索
  • スマートキーボードショートカット
  • 複数行の選択
  • 簡単なコピーと貼り付け
  • シンプルなドラッグアンドドロップ
  • 豊富なフィルター
  • ヘッドラインビュー
  • Excelのインポートとエクスポート

マイクロソフト製品との連携

Office 365(Outlook、Excel / Word、Teams、OneNote、SharePointを含む)、Dynamics 365 for Sales、Yammer、Power BI、Power AppなどのアプリケーションはDynamics 365 BCプラットフォーム向けに設計されており、Dynamics 365 BCとシームレスに連携します。

まとめ

Dynamics 365 BCはDynamics NAVの主要機能をほぼ全て継承し、クラウド型ERPとして多くの便利且つ実用的な機能が追加され、より強力なEPRソフトになりました。使い方はDynamics NAVと比較しても非常にシンプルで、より多くのマイクロソフト製品との連携機能が追加されました。

将来のERPについて考えるとき、おそらくDynamics 365 Business Centralは皆さんの会社がその有力候補に挙げる1つのERPになると思います。

カルソフトについて

カルソフトは、90年代からERP・インターフェース開発・ソフトウェア開発など含め多くのビジネスソフトウェアを導入してきました。産業毎に共通化したニーズを理解して、各企業の固有のビジネス要件を踏まえて、お客様に合ったソリューションを選択・提供することにより、カルソフトは95%以上の高い顧客維持率を達成しています。

Dynamics NAVからDynamics 365 Business Centralへのアップグレード・新しいERPの導入を検討している、または簡単なご相談をご希望の場合は下までお気軽にお問い合わせください。

Dynamics NAVやDynamics 365 Business Centralのアップグレードや導入経験豊富なメンバーがお手伝いします。Dynamics ERPのゴールドパートナとして、カルソフトはお客様がどのような状況にあっても、その企業の価値や業務の効率化を最大限に引き出し、ビジネス成果につなげたいと思っています。

info @ calsoft.com  までいつでもメールでお問い合わせください。

CALSOFT SYSTEMS

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *