カテゴリーアーカイブ: イノベーション

企業がデジタルトランスフォーメーションを受け入れるべき理由

digital transformation

デジタルトランスフォーメーションとは、ビジネスにおけるすべての業務領域にデジタル技術を統合していくプロセスです。 通常、従来の運用方法からクラウド・プラットフォームへの移行が含まれます。 これにより、企業はレガシー・プロセスの近代化、効率的なワークフローの加速、セキュリティの強化、そして収益性の向上を実現することができます。 デジタルトランスフォーメーションは、デジタル化、デジタル化とも同義であり、アナログからデジタルに移行するプロセスに関連するものである。 なぜ、デジタルトランスフォーメーションが必要なのか? デジタルトランスフォーメーションは、組織の運営方法を変えます。 システム、プロセス、ワークフロー、文化の変革は、組織のあらゆるレベルに影響を与え、会社全体をまとめ上げるものです。 自動化や高度な処理を活用することで、企業はより効率的に、より正確に業務を行うことができます。 データをクラウド環境に移行することで、運用コストを削減することができます。 ハードウェアとソフトウェアのコストを削減し、チームメンバーは他のプロジェクトに従事することができます。 デジタルトランスフォーメーションの例としては、以下のようなものが考えられます。 モバイルアプリやWebサイトなどのツールの導入 機械学習アルゴリズム 業務用レガシーシステムのリプレース   なお、デジタル化する場合、特定の戦略があるわけではありません。 これは、テクノロジーを使ってビジネスの提案、運営、成果を向上させる継続的なプロセスです。 デジタル変革を計画・実行するための5つのステップ ビジネスのデジタル変革を成功させるためには、いくつかのステップを踏む必要があります。 1.自社にとってのデジタルトランスフォーメーションの意味を見極める デジタルトランスフォーメーションとは何か、普遍的な定義はありません。 ビジネスにはそれぞれニーズがあり、ビジネスの変革を成功させるためには、ビジネスの課題、業界、競合、顧客、エコシステムなど、ビジネスに影響を与える変数を見極める必要があります。 2.デジタル化する方法を確立する デジタル化には、クラウドへの移行、IT構造の変更、自動化の利用、Webサイトへの技術的機能の追加など、幅広い選択肢があります。 3.ロードマップの作成 どのようにビジネスを変革していくのか、完全な計画と期間が必要です。 4.ビジネス全体を準備する 従業員には透明性と明確な構造を提供し、デジタル変革に備えるための十分なトレーニングを計画する。 5.トランスフォーメーションを開始する エンドビジョンを設定し、計画を実行に移しましょう デジタルトランスフォーメーションに成功した企業は、最後までコミットメントを貫いた企業である。 Dynamics 365によるデジタルトランスフォーメーション Dynamics 365のようなクラウドベースのERPは、あらゆるデジタルトランスフォーメーションの中核をなすものです。 しかし、Dynamics 365とは一体何なのでしょうか? 簡単に説明すると、ERP、CRM、その他の生産性アプリケーションを組み合わせ、データ、ビジネスロジック、プロセスを統合するクラウドベースのアプリケーションプラットフォームである。 デジタルトランスフォーメーションを推進するためにDynamics 365を選択すべき6つの理由 仕事の柔軟性クラウドベースのアプリケーションにより、ユーザーはどこからでもリモートで仕事をすることができます。 データの一元化。すべてのデータは、1つのソリューションで保管・共有されます。 顧客エンゲージメントを実現。Dynamics 365 Marketingのカスタマージャーニーを利用したマーケティングキャンペーンの自動化。 スケーラブルで費用対効果に優れています。月額サブスクリプションとAzureクラウド上のホスティングにより、企業はニーズに応じてスケールアップやスケールダウンを行うことができます。 Microsoft Teamsとの統合。ERPから離れることなく、Teamsアプリで生産性とコミュニケーションを提供します。 AI:Dynamics 365は、AIを利用して企業や顧客のニーズを分析し、予測します。 AIは、ビジネスの洞察とプロセスの未来であり、AIの力を活用する企業は、明らかに優位に立つことができます。 結論 デジタルトランスフォーメーションは、企業の運営方法を改善します。 より良いデータ収集から顧客体験の向上まで、企業はコスト削減と収益性向上の両方を実現しています。 データの統一、プロセスの最適化、リモートコラボレーションツールなしには、変革の成功はあり得ません。 […]