Dynamics 365:Business CentralとFinance and Operationsの比較

数あるERPの中から企業のニーズに合ったERPを選定することは、 ERP導入計画の中でとても重要な最初のステップです。 しかし、市場には多種多様なERPが販売されているため、企業としては選択肢が多い分、ビジネス要件に合ったERP製品を見つけることは容易ではありません。

そこで、今回の記事では長年ERP市場をリードするマイクロソフト社のMicrosoft Dynamics 365に焦点を当て、米国マイクロソフトより公式に認定されたゴールドパートナ―独自の情報や視点から、Dynamics 365が提供しているERPソフトウェアのBusiness CentralFinance and Operationの概要からメリット、機能、導入費用について簡単にご紹介いたします。

Microsoft Dynamics 365 Business Central

Business Central (BC)はDynamics NAVの主要機能を継承しながらクラウド化することで、Microsoft Dynamics 365シリーズの新たなラインナップとして提供され、アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど世界各地のグローバル中小企業で新規導入企業を増やしています。

Microsoft Dynamics 365 Business Central (BC)には、AI、機械学習、ビックデータ分析などのデータインテリジェンス機能と、よりユーザーフレンドリーなインターフェースが搭載されています。

Dynamics 365 Business Centralのメリット例

  • 統合とドリルダウン

会計、販売、購入などの業務データを統合的に管理します。集約された会計情報は、それぞれの内容を辿っていくことで業務データのトランズアクション1つ1つへ結びつけることが可能です。

  • 伝票などの自動生成

組み込みのビジネス・インテリジェンス(BI)ツールで特定の在庫が必要になる時期を予測し、売り上げ予測と在庫切れデータをもとに発注書を自動的に作成します。

  • 非常に簡単な接続ツール

インターフェース用のツールを使用することにより、 簡単 に外部システムとのインターフェースを構築することが可能です。

  • 海外対応

D365 BCは140か国以上のコンプライアンスや会計ルールなどに対応します。

  • 簡単なCRM(顧客管理)機能を装備

既に顧客管理機能が組み込まれていることで、見込み収益に基づいた見込み客の優先順位付けなどCRMとERPを併せた形でデータ参照や分析が可能です。

Microsoft Dynamics 365 Finance and Operations

一方、Dynamics 365 Finance and Operations(FO)は(2020年4月にDynamics 365 Finance / SCM に再度名称変更されました)Dynamics AXの最新バージョンです。Dynamics 365 BCと同様に、クラウドでの提供に加え、オンプレミスでの導入も可能となります(ただしFOでのオンプレミスはサーバー構成が複雑且つ台数が多く必要なため積極的に薦められません)。必要なアプリケーションや機能を自由に選択し、使用することができます。Dynamics 365 FOは、中堅企業から大企業向けのERPとして位置付けられています。

Dynamics 365 FOは、ビジネス要件に合わせ、顧客管理、人材管理、カスタマーサービス、マーケティングプラットフォームなど、他のMicrosoft Dynamics 365ソリューション(Dynamics 365 for Sales, for Customer Service, for eCommerce, for HR etc. 詳しくはサイトを参照)を統合して使用することができます。さらに、Office365(Outlook、Teams、Excel、Word、SharePoint)、Power BI、Power Appなどのマイクロソフトのアプリケーションともシームレスに連動します。

Dynamics Finance and Operationsのメリット例

  • 使い易いWeb UI

ユーザーフレンドリーなインターフェイスと直感的なワークフローおよび財務管理機能により、簡単に使い方を習得可能

  • 生産性向上のための連携機能

PowerAppsとFlowを使用した従業員の生産性向上Office 365へ統合を最適化 

  • 多様なレポートの種類

800以上のすぐに使える業務や会計レポートを標準提供

  • 営業やサービス用の有益な情報や機能連携

営業およびカスタマーサービス担当者が在庫情報、請求書、返品管理に関する情報をリアルタイムで確認可能  

Business CentralとFinance and Operationsの比較図

ソフトウェアBusiness CentralFinance and Operation
会社の規模中小企業中堅企業~大企業
言語80以上(英語、スペイン語、日本語、中国語など)30以上(英語、スペイン語、日本語、中国語など)
従業員数1 – 500+50 – 2,000+
最小ユーザー数120
導入費用1万〜70万ドル10万ドル〜100万ドル以上
導入期間1〜6か月6〜12か月以上
プラットフォームクラウド・オンプレミスクラウド・オンプレミス
業種流通/倉庫、製造、物流流通、製造、小売、公共機関
製造機能適正在庫、リードタイム、発注ポイントの自動計算が可能。売り上げ予測と在庫切れ予測を使用して発注書を自動的に作成生産スケジュールと工程管理、在庫数量管理/在庫評価、検査/品質管理などの製造機能を幅広く搭載
処理可能なトランズアクション数数千数十万

ERP選定のポイント

Dynamics 365 Business Centralは、従業員数が1〜500人程度で数千のトランズアクションを管理する中小企業などの利用が最適と言われているERPです。Dynamics 365 Business Centralには、会計、受発注在庫管理、製造、プロジェクト管理などの基幹業務を統合するための機能が最適化された形で組み込まれています。

Microsoft Dynamics 365 Finance and Operationsは従業員数が50~2000人以上の中堅企業~大企業向けのERPです。30以上の国の税率に対応しているため、グローバル企業や国内に複数の支店を持つ企業に最しています。

パートナーを見つける

会社のニーズに合ったERPソリューションを選定した後は、マイクロソフトのCSP(Cloud Solution Provider)パートナーからライセンスを購入し、導入作業に関する必要なサポートを受けることができます。

信頼できるパートナーと連携して導入作業を行うことにより、Microsoft Dynamics ERPの最大限の価値を引き出すことができるため、ERP導入を検討する際のパートナー選びは非常に重要です。

カルソフトは、90年代からERP・インターフェース開発・ソフトウェア開発など含め1500件以上のビジネスソフトウェアの導入、アップグレード、開発などを行ってきました。産業毎に共通化したニーズを理解し標準化しながら、同時に各企業の固有のビジネス要件を踏まえて、お客様に合ったソリューションを選択・提供しています。カルソフトでは近年95%以上の高い顧客定着率を維持しています。

Dynamics 365 Business Central、またはDynamics 365 Finance and Operationの導入を検討している、または簡単なご相談をご希望の場合は下までお気軽にお問い合わせください。

Dynamics ERPの導入経験豊富なメンバーがお手伝いします。カルソフトはDynamics ERPの公認ゴールドパートナとして、お客様がどのような状況にあっても、その企業の価値や業務の効率化を最大限に引き出し、ビジネス成果につなげたいと思っています。

info@calsoft.comまでいつでもメールでお問い合わせください。