クラウドERPとは

近年のERP業界では、従来のオンプレミス型ERPに代わり、クラウド型ERPが主流となっています。それに伴い、世界のほぼ全ての主要ERPベンダーもクラウドERPへと転換しています。自社に合ったERPを選定する中で、従来のERPとの違いやクラウドERPの種類について知りたいという方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回の記事では、クラウドERPの概要や種類、購入する際のオプションに関して簡単にご説明します。オンプレミスERPの比較に関する記事をお探しの場合は、ポイント:4 クラウドとオンプレミスERPの違いをご覧ください。

クラウドERPとは

クラウドERPとは、一言でいうと「クラウド環境で使用できるようにしたERP」です。従来のERP(基幹業務システム)はベンダーからソフトウェアを購入し、自社サーバー上に構築した上で利用するものでした。しかしクラウドERPは、サーバーを自社で管理する代わりにERPシステムをクラウド上のサービスとして利用します。インターネットにアクセスできる環境があれば認証されたユーザーは任意のタイミングで社内外どこからでソフトウェアを利用可能です。

企業で利用されているクラウドERPには大きく分けて2つのタイプがあります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

タイプ①SaaS型(Software as a Service)

現在主流となっている、SaaS型のクラウドERPです。SaaS型は、ベンダーが提供するクラウドサーバー上にあるERPソフトウェアを、インターネットを介して利用する形態です。ベンダーによりシステムの定期的なアップデートが行われ、これによりユーザーは最新版のシステムを常に利用することが可能です。ERPやデータベースライセンス、サーバーソフトやハードなど他インフラ環境など含めた全てが月額費用に入っている定額もしくは従量課金が基本となっています。通常は利用ユーザー数と利用機能によって定められた料金を支払います。

タイプ②IaaS (Infrastructure as a Service)

IaaS型とは、すでに自社が 利用、または利用しようとしているERPシステムを、データセンターにあるクラウドサーバーにインストールし、SaaS同様にインターネットを介して利用する形態です。Iaas型は、通常ERPやデータベースライセンス、OS以外のサーバーソフトなどは購入し、ライセンスは自社が保有しながらERPシステムを使用します。あくまでもソフトなど中身は自社管理で、バージョンアップグレードなども自社でタイミングに見て行い、アップグレード費用なども都度支払って行います。

IaaS型には、OSやデータベースサーバーソフトウェアを購入して自社所有する方法と、購入せずに月次使用料を払ってサブスクライブする、2つのタイプがあります。

クラウドERPの特徴

以下にSaaS型・IaaS型の費用形態や特徴を再度下にまとめます。

Saas型 (Software as a Service)

ソフトウェアライセンスユーザー数・利用機能に応じて月額料金を支払いシステムを利用する
導入サービス多くの場合、SAAS型ERPの主要機能は既にセットアップされているため、ユーザーはすぐにシステムを使用することが可能です。システムを稼働する環境構築が不要なため、一般のオンプレミスサービスに比べて短時間での導入が可能です。
年間保守費用年間保守費用(Annual Enhancement)はかかりません。

IaaS型 (Infrastructure as a Service)

購入リース
ソフトウェアライセンスソフトウェア、ハードウェアを自社購入する。ユーザー数に応じて、ハードウェア、ソフトウェアのリース料金を支払う。
導入サービスERP導入サービスに対して別途パートナーに固定金額もしくは発生した分の費用の合計を支払う。同左
年間保守費用初年度の年間保守費用(Annual Enhancement fee)を前払いで支払う。これにはアップグレードの時に新バージョンライセンスなどが付随。年間保守費用( Annual Enhancement fee )はかからない。月額費用にアップグレードライセンスが付随。

カルソフトについて

カルソフトは、1999年以来マイクロソフトの公認パートナーとして、マイクロソフトソリューションの導入やサポートをお客様のニーズに合わせ提供しています。ワールドクラスのサービスレベルを目指しながら、Microsoft  Dynamics 365を中心に北米や日本などの1,500以上のビジネスソフトウェアを導入してきました。カルソフトの存在意図の大きな1つは、お客様がどのような状況にあっても、その企業の価値や業務の効率化を最大限に引き出し、ビジネス成果につなげることです。

  1. ERP購入ガイド – メインメニュー
  2. ERP購入ガイド – ポイント① ERPの選び方
  3. ERP購入ガイド – ポイント② ERP導入にかかる費用
  4. ERP購入ガイド – ポイント③ ERP導入にかかる期間
  5. ERP購入ガイド – ポイント④ クラウドとオンプレミスERPの違い
  6. ERP購入ガイド – ポイント⑤ ERPベンダーの選び方
  7. ERP購入ガイド – ポイント⑥ ERPを適正金額で導入する方法
  8. ERP購入ガイド – ポイント⑦ ERPの契約形態:固定金額とT&Mどちらがいいの?
  9. ERP購入ガイド – ポイント⑧ Microsoft Dynamics ERPの比較
  10. ERP購入ガイド – ポイント⑨ クラウドERPとは

ERPをはじめとしたシステム導入についてのご質問はカルソフトシステムズまで日本語でお気軽にお問い合わせください。